インベストメント・ハイライト

3総合デベロッパー・日本エスコンが持つ不動産開発力、運営力の優位性とスポンサーサポート及び中部電力のサポートによる投資主価値の最大化

サポート契約の概要

ポート契約の概要
  • 中部電力自ら又はグループ会社が保有若しくは開発し又は運用を受託する収益不動産に関する情報提供をいいます。
  • 本投資法人は、サポート契約期間中、そのIR、広報及びディスクロージャーに関するWebサイトを含む各種制作物に、中部電力のシンボルマーク等を利用することについて、中部電力から許諾を得ています。

優先買取権及び優先交渉権の付与

2018年11月時点で、スポンサーは、25物件の不動産物件(注)を保有・開発しています。そのうち、11物件には本投資法人に対する優先交渉権又は優先買取権が付与されています。優先交渉権及び優先買取権とは、以下の意味を有します。かかる優先交渉権及び優先買取権は、本資産運用会社とスポンサーとの間で2017年10月17日付にて締結されたスポンサーサポート契約に基づき付与されたものです。本投資法人は、スポンサーパイプラインを活用しつつ、継続的な資産規模及び投資主価値の拡大を図っていく方針です。

優先交渉権の付与 エスコングループが保有する物件について、優先的に売買交渉を行う権利
優先買取権の付与 優先買取権の付与を受けたスポンサー保有物件について、事前に価格を決めた上で有効期間内はいつでも、優先買取価格で買取ることを協議することができる権利。1年に1回付与
  • マンション分譲物件は除きます。

スポンサーによる再開発サポート

賃貸借期間満了が間近であり、又は再開発を要すると考えられる物件について、スポンサーが再開発計画の検討・提案又は当該物件の取得(テナント退去後の土地の買取)の検討をすることにより、本投資法人のポートフォリオ・クオリティの向上、また将来的なパイプラインの創出を図ります。

〈再開発サポートの流れ〉

スポンサーによる再開発サポート

不動産の有効活用ノウハウをフルに活かした収益の拡大戦略

本投資法人は、日本エスコングループの有する不動産開発のノウハウを活用し、収益の拡大を目指します。

不動産の有効活用ノウハウをフルに活かした収益の拡大戦略
  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. インベストメント・ハイライト
  4. 総合デベロッパー・日本エスコンが持つ不動産開発力、運営力の優位性とスポンサーサポート及び中部電力グループのサポートによる投資主価値の最大化

to Page Top